スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンケートのお願い 

■乞う!「集客」(観客動員)についてのご意見

アビスパ福岡がこの地にプロサッカーチームとして創設されて12年。
J1を1年で降格した今季は監督にリトバルスキー氏を迎え、1'stステージでは首位に立ったものの、現在、なかなか軌道に乗れないチームに悶々としているのはサポーターだけではないと思います。
しかしリーグ戦は長丁場。
7月中の中村北斗選手の待望の復帰という明るい話題を前にしてなんとかチームが一つにまとまり、結果に繋がることを願っています。


さてこの度、皆さまのご意見を拝聴したくアンケートをお受けいたします。
ちょっと根源的で大きな問題ですが「博多の森の観客を増やすには?」ということがテーマです。

チームのゲームの勝ち負けのことはともかく、現在は、
・市民に、広く、ゲームの告知がなされていない。
・普通の市民にとってはJリーグやアビスパ福岡の存在が希薄である。
・招待券などで一度出向いても、リピーターにできるだけのサービスや施設対応などがない。
・博多の森の施設や雰囲気が、一般的な市民を受け入れるだけの雰囲気にない。
・プロ野球に比べればメディアの扱いも極端に少なく、愛するアビスパ福岡の選手の動向や現在のチームの状況(特長)が市民に伝わりにくい。
・ゲーム開催実施だけが運営の目的でクラブの企画対応にお客様視点が欠けている。
・プロサッカーチームであるアビスパ福岡の歴史やアイデンティティが伝わって来ない。

といった様に問題は途方もなく広く深いものがあります。
できれば満員のスタジアムで、大きな声援で選手と一体となった戦いこそがチームや選手を強くし魅力あるものにしていきます。
「できることから少しづつ始める」「駄目もとでもやってみる」という姿勢を大切にしながら、皆様のご提案やご意見を少しまとめることができれば、新たにクラブ側への提言としたいと思います。

ご意見やご提案がある方は下記へお願いします。
締め切りは7月5日です。
*尚、頂いた全ての情報は目的以外には利用致しません。

ご意見箱

////////////////////////////////////////////////////////////

■お礼!

この度はアンケートにご協力頂きましてありがとうございました。
頂いた集客の為の前向きなご提案を「提言書」としてまとめ、7月6日にクラブ担当と懇談し説明・提言いたしましたことをここでお知らせ致します。

「提言書」の詳細は「Project 12 2007」として後日サイトの方に掲載できればと思っています。

ご意見箱への投函やメールまたメッセージなどでご協力頂いた方々に心からお礼申し上げるとともに、皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

//////////////////////////////////////////////////////////////


スポンサーサイト

マスメディア実践論 

■「講座」のご紹介

/////////////////////////////////////////////////////////////

西南学院大学「マスメディア実践論」(朝日新聞西部本社寄付講座)特別企画

「地域とスポーツ ―スポーツマネジメントの立場から」

日時:6月22日(金)16時30分~18時30分
場所:西南学院大学(福岡市早良区西新) 2号館304教室
※正規受講生以外の学生、教職員、一般市民の聴講も歓迎します(入場無料)

基調講演(50分間):大坪正則氏(帝京大学教授、本学OB)

共同討議(70分間)
参加者
●小林至氏(福岡ソフトバンクホークス取締役、江戸川大学教授) 
●小林伸二氏(アビスパ福岡 管理強化部長、元セレッソ大阪 監督)
●大坪正則氏(帝京大学教授、本学OB)

司会:恵藤公浩氏(朝日新聞西部本社 スポーツ担当部長)

////////////////////////////////////////////////////////////

一般参加可能で事前の申し込み不要



北斗、復帰間近! 

■中村北斗選手、復帰間近!



昨年の11月の日韓戦で右膝前十字靭帯損傷と全治6ヶ月の重症を負った中村北斗選手が、6月20日の雁ノ巣練習から本格的にチーム練習に参加しました。

北斗選手はこれまで別メニューでの練習を続けてきましたが、怪我の回復は順調で、これによって来月7月にはリーグ戦の戦線に復帰の目処が立ったと言えると思います。



鈴木惇選手 トップデビュー! 

■トップリーグデビュー

6月2日、アビスパ福岡ユースの鈴木惇選手がJ2第19節、徳島戦の後半47分にアレックス選手と交代出場しました。

鈴木選手は、リトバルスキー監督の判断で1日にトップ登録されたばかり。背番号33を背負ったこのゲームはロスタイムも含め僅か6分間の出場でしたが、クラブ初の高校生Jリーガーとして、勝ちゲームでトップデビューを飾りました。

今季からエースNOを背負うユース出身のFW11.田中佑昌選手、怪我からの復帰が待たれる北京五輪代表DF22.中村北斗選手に続き、意義ある3人目のゾロ目番号の選手ともなった33.鈴木惇選手の博多の森デビューは、クラブにとってもサポーターにとっても歴史的な日となりました。


〔鈴木惇〕背番号33
プロフ:1989.4.22生、169cm、69kg
在 籍 :アビスパユースU-12、U-15、U-18、県立福岡高校在学中
代表歴
□□□□U-15日本代表(4月/イタリア遠征、8月/ブラジル遠征)
□□□□U-16日本代表(3月/フランス遠征、8月/豊田国際、9月/ドイツ遠征)
□□□□U-17日本代表(3月/サニックス杯、3月/NIKKEI杯)
□□□□U-18日本代表(1月/オーストラリア遠征、5月/ドイツ遠征)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。