スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡市長候補への提言 

■福岡市長候補への提言

11月19日(日)は市長選挙の投票日です。

政治的な行動や政治的な考えをこのような場所に持ち込むつもりは全くありませんが、現在のアビスパ福岡のクラブとしてのありようは第三セクターとしての位置づけを考慮すると、大株主としての行政の長に無関係でいるはずがなく。
そういった意味で市長選挙を前にして多くの方のご縁やご尽力のお陰で各市長候補の皆様へのアプローチができたことをここにご報告いたします。

この度「福岡市長候補への提言」を持参し各候補にアプローチができたことは、各候補の皆様に現状を認識して頂くという点において一定の成果があったと考えます。

A.市長候補との面談とアプローチ
当然ながら11月5日の告示日を過ぎると選挙運動は大変な状況を呈し、私たちが動くすきまさえ無いことは事前に把握できていましたので、現職も含め各候補の皆様には”告示日前”の10月半ば~下旬にかけて様々な形で行動致しました。

B.提言と質問状
(1)11ページからなる「福岡市長候補への提言」
  「地域のサッカー文化に彩られたクラブへの道
           ~アビスパ福岡の問題点と課題」
    ・Jリーグ百年構想
    ・ホームタウン推進活動
    ・クラブの概要(決算状況と大幅減資)
    ・アビスパ福岡の問題点

(2)市長候補への簡単な質問状
  その中にはクラブにサッカーに精通した専門の経営幹部(GM)を配置すべきか?とか、博多の森のスタジアムの一部に問題があるが改修の必要を理解できるか?とかいった質問を織り込みました。
  
C.その反応
いずれの候補者も真摯に対応してくださいました。

時間が合わず直接面談の時間が取れなかった候補者もいらっしゃいましたが、それでも当方が提出した質問にはご本人の署名入りでメールを通し具体的に自らの考えを述べてお答え下さいました。

いずれの候補者とも継続的な支援やクラブの改革についての意思確認と一定の理解を得ることができました。

ある有力候補は後援会事務所で1時間以上もお時間を頂き、クラブのことやチームのことを心配しながら熱心に聞き入って下さいましたし、その後ご本人のBLOGでもエールを送って下さいました。

政治的な行動と誤解されますので、いまのところ投票日前に個々の返答をこちらにアップする予定はありませんが、今回の提言には一定の成果があったと理解しています。
(尚、ご要望があれば選挙結果後に開示することはやぶさかではありません)

ご協力いただいた候補者の皆様、ありがとうございました。

大変お忙しい日々だとは思いますが、お身体ご自愛の上益々のご活躍とご健闘をお祈りいたします。
またお時間とご都合が許しますなら、博多の森へも是非とも足を運ばれ、スーツを脱いでゲーム観戦をお楽しみください。


尚、この件についてご質問やお問い合わせ等がありましたら直接メールにて願います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hakatanomoriproject.blog50.fc2.com/tb.php/37-78fb4f5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。